ご家庭から出された資源のうち、「空きびん」、「空き缶」、「ペットボトル」を回収し、リサイクルハウスで選別や減容などを行いリサイクルしています。

空きびんについては、「無色」・「茶色」・「その他の色」に選別し、「カレット」をリサイクル業者に引き渡しています。

   

その後、ガラスびんに再生されたり、道路舗装のアスファルトに混入したり、断熱材のグラスウールなどにリサイクルされています。

空き缶については、「アルミ缶」と「スチール缶」に選別・圧縮成型し、リサイクル業者へ引き渡しています。

 

その後、製鉄メーカーにより、鋼材や、スチール缶に再生されます。また、アルミについても、同様に再びアルミ缶の原料などとして利用されています。

ペットボトルについては、選別、圧縮減容し、容器包装リサイクル協会の指定法人に引き渡しています

その後、再び選別、粉砕、洗浄分離され、「フレーク」、「ペレット」として成型品や繊維の原料になります。

再生品としては、卵パック、果物用仕切りトレー、洗剤ボトル、化粧品の容器、作業服、ボールペンなどに利用されています。